サイトメニュー

メールマガジン 登録・解除

店長コーナー

吉田 祐直

朝は暗いうちから起きて、すぐ畑へ向かいます。
毎日、ふたつある果樹園をくまなく巡り、仕事します。
自然は待ってくれないので、毎日大忙し!
良いりんご作ることに一生懸命です。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

かどしげ農園の歴史
3

1
農園は2箇所あり、どちらも北上川の流域にあります。

風通しも良く、日当たりも良い場所ですが、この地が今の姿になるまでには2代目吉田重雄の大変な苦労がありました。
山林を開墾し、土壌改良し、岩手の厳しい自然と向き合いながら試行錯誤した歴史。
今年で創業81年となります。初代から3代目の私までの歩みをご覧下さい。

初代:吉田庄太郎の歩み
1929年 農家の次男だった初代:吉田庄太郎は結婚を機に分家に。
 
門重農園の誕生
1935年 1930年に長男として生まれた2代目の重雄に期待を寄せ屋号を門重と名づける。
2代目:吉田重雄の歩み
1947年 入学したばかりの県立高校を中退し、農業後継者としての一歩を踏みだす。
1959年 岩手県物産共進会において当時の農林大臣福田赳夫から優等賞を受賞。
1965年 南西斜面に広大な山林を開墾して植えた林檎園を造成、フジの無袋栽培を開始。
1968年 サンフジの突然変異種岩ふ10号を発見し優良であると認められる。
また、生産販売をスタートさせる。
1979年 再び山林を開墾して林檎園を拡張し、林檎直売所を開く。
1980年 マメコバチによる受粉を始める。
1981年 中野果樹振興会の品評会においてサンフジが最高賞を受賞。
1982年 オリジナルの林檎ジュースの加工を開始。
3代目:吉田祐直の参画!
1990年 祐直が3代目として加わる。
2000年 2000年岩手で開催された全国林檎品評会においてサンフジが銅賞受賞。
2002年 オリジナルりんごジュースの完成!
2003年 ホームページを開設、林檎ジュースの通信販売開始。
2009年7月 ウェブショップ、オープン!

2